コネクタ部分が故障したら|iphone修理サービスは困ったときの味方|急なトラブルも安心

iphone修理サービスは困ったときの味方|急なトラブルも安心

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コネクタ部分が故障したら

レディ

コネクタの劣化による故障

国内で販売されているスマートフォンの中では非常に人気のあるiphoneですが、突然充電が出来なくなることがあります。充電できない理由は様々で、iphoneのソフトウェア的なことからハードウェア的なことまで細かくありますが、その大半は充電ケーブルを差し込むためのコネクタ部分の劣化になります。長期間充電を繰り返すことで、コネクタ部分が劣化していき、接続部分が折れてしまったり、曲がってしまうことがあります。そのまま使い続けることは出来ますが、満足に使い続けることが出来ません。気づかないうついにバッテリー残量が0になっていることもあり、満足に使っていくことが困難になります。もしコネクタ部分が故障した場合は、修理に出すのが一番です。充電できないなと感じたらキャリアもしくは専門店に依頼をすることで、コネクタ部分の修理が行われます。

コネクタ部分の修理

iphoneが充電できない場合多くの人は修理を依頼することでしょう。キャリアショップやパソコン専門店などに持ち込みをして修理を依頼することになりますが、1つだけ覚えておきたい情報があります。その情報とは可能であればキャリアショップに依頼するよりも専門店に依頼した方が良いということです。なぜ専門店の方が良いかというと、それは修理費用が安く済むからです。ショップで依頼した場合は1万円から3万円ほどかかりますが、専門店の場合は数千円で済む場合が多いです。iphoneの修理品質に違いはなく、修理後の利用で差が出ることはありません。この理由からショップよりも専門店での修理が人気で充電できない多くの人が利用をしています。